酵素飲料や酵素サプリ

昨今、よく目に留まる酵素を食事から摂取する痩身術ですが、酵素飲料や酵素サプリといった商品の原材料にどんなものが用いられているか分からず、心配がありました。

原材料に残留している農薬やリスクが高い添加物は、どんな状況でも体に入れたくありません。でも、成分や製法を正確に表記した商品なら、不安なく使えます。食事を採らないダイエット中の過ごし方で忠告しておきたいことは、体を動かすことについてです。断食中には過度な運動は避けてください。どういう訳かというと、ファスティング中は肉体のパワーがいつもより下がるためです。トレーニングを併用する場合は、軽いストレッチくらいで我慢しておくと良いです。連休ですからファスティングにチャレンジです。準備期間と回復期間も必要ですから5日を見込んでいます。回復期間はおかゆを中心とした食事でもいいけれどどうせですからカロリー控えめながらも多種の栄養素を含んでいる酵素ドリンクも飲んでみたい。と考えつきました。どのくらい体重が落ちるのかとても楽しみです。もし、酵素が胃酸で死んでしまうなら、ダイエット効果の期待はできないのです。確かに、ph5、7でしか活動できない酵素も存在します。だけど、だからといって、分解されて、意味がないという訳ではないです。酵素中には強い酸性だって生きていけるものがたくさんありますし、いちど胃の中で活動をとめても、また腸で活動を始める酵素もあります。この頃、飽食の時代と呼ばれていて、グルメなものがよく目にします。食べたいものが多すぎて年々体重は増える一方です。そこで、たまの休日を用いて、胃腸を休憩させて毒物を排出するために、プチ断食にチャレンジするのです。近頃では、子育て世代の女性の間で、ファスティングがアトピーにも効果的であるらしいと評判になっています。実を言うと、自分の子供もひどいアトピーなので、気がかりですが、いくらなんでも食べ盛りの子供に断食させるのはよくない気がして、まだ前向きには考えられません。この前の休みが続いた日、いっぺん挑戦してみたいと思っていたちょっとしたファスティングをようやく行ってみました。食べたり飲んだりするのは酵素の入った飲み物とナチュラル水だけです。

ひもじい思いをするのが辛いというのは当然でしたが、なによりもお腹の中の便が綺麗さっぱり出て、腸の中が掃除され、とても気持ちが良いです。ウエイトも軽くなりましたし、体が楽になったような印象です。断食療法をご存知でしょうか。ファイスティングとは、英語のfastという動詞を名詞にしたものです。日本語では、断食や絶食という意味です。絶食療法をすると、自己免疫力がアップします。断食療法には多種多様な効能があり、肌トラブルや便の通じが改善したり、アレルギー体質の緩和にも効果が期待できます。効果の出方には個人差がありますが、花粉症などのアレルギーに悩まされている方は試してみてください。健康でいるために、体重を健康値に寄せることにしました。体が重いと膝の関節に大きく負担がかかるので、将来寝たきりになる可能性があると聞いたことがあります。ウォーキングをしたら、より膝を痛めてしまいそうなので、まずは簡単な酸素ダイエットからはじめてみようと思っています。お昼休みに仕事仲間が「ファスティングの効き目ってすごいのよ」と言ってきたのですが、私は「ファスティング」という言葉を聞いたことがなかったので、「すごいね」と右から左に流してしまいました。あとでネットで調べてみたら、ファスティングって食事を採らないことだったんですね。ファスティングの効き目について興味深く聞いておけばよかったです。